スワップ金利狙いでは為替損益がからむ

もし、豪ドルが100円から50円に下落してしまった場合にどうなるでしょうか。

極端なはなしですが、投資した元金100万円の価値は50万円に価値が低下しますよね。

また、受け取れる利息に関しても、4000豪ドル分の金利も半額の200,000円になってしまいます。

すなわち、減価後の元金500,000円+金利200,000円=700,000円となってしまい300,000円の損失がでます…

損失300,000>金利200,000なので、金利による収入も消えてしまいます。

そんな為替損益リスクがあったのか!どうしようどうしよう?

またまた、大丈夫です、スワップ金利狙いでちゃんと儲けることができる方法があります!!

単純に言えば、為替の変動によっては金利収入を打ち消す損失が出る可能性があるのならば、その悪い可能性を無くすか軽くする方法があればいいのです、その方法があるのです!!

その方法は「一つの通貨に集中しないことです」、「一つのカゴに卵を盛るな」という投資の金言そのものを実践するべしなんです!

上記の場合であれば、豪ドル一本に絞らず別の通貨も一緒に買えばいいのです。

つまり、豪ドルと反対の動きをする通貨を買えばいいのです。反対の動きをするとは、豪ドルが下落すると上昇し、豪ドルが上昇すると下落する通貨を一緒に買えば、両方のプラスがマイナスを打ち消すことができるので、通貨の上昇と下落の影響を受けず、リスクを最大限抑え込んで金利収入が得られます

豪ドルと一緒に購入するのがオススメの通貨は、カナダドルです!

今回はカナダドルをおすすめするところで終わります、豪ドル&カナダドルの良さについての説明は次回に持ち越しにします、と言いたいところですが、早く知りたい方はにFX取引の醍醐味を考えてみた詳しいことが書かれています

日本円でない外国通貨の金利が利益源!

日本円以外の通貨ですから、いくつもある外国通貨のどれを選べばいいのでしょうか?

目下スワップ金利狙いでもっとも人気があるのはオーストラリアドルです。言葉よりも実際の計算で説明したほうが理解しやすいでしょう、では計算してみましょう。

現在のオーストラリアの金利は2.0%。日本の金利は0.1%なので、その差は1.9%。

単純に考えれば、日本の金融機関に預金した場合よりもこの1.9%分多く稼ぐことができるわけです。

FXでは100万円で20万オーストラリアドル(豪ドル)を購入できるので、

20万豪ドルを1年間持ち続けた場合、

20万豪ドル×2.0%=4,000豪ドルの金利
1豪ドル=100円とすると
4,000豪ドル=400,000円

なんと!100万円の元金に対し、400,000円の利息がつきます!金利にしておよそ40%!

どうです!金利差を使って、こんなにも大きな金利が受け取れるのですから「やるっきゃない」となりますよね。

ところが、そうは問屋がおろさないことも起こり得るのです…

上記で紹介したスワップ金利で稼ぐ方法では、注意しなければならいないことがあります…。

注意すべきは、為替差損、為替差益の影響を受ける可能性があるということです。

スワップ金利で稼ぐ方法

今はやりに流行っているFX取引。

リスクがないとは言えませんが、想像もつかない額を稼ぐ人もいるといわれていますよね…

FXというと為替損益で儲ける損するというイメージもありますが、各通貨の金利差で稼ぐことができます。

その金利差のことをスワップ金利といい、今回はスワップ金利について解説します。

スワップ金利ってなんでしょう?

Wikipediaではこうあります:スワップ金利(スワップきんり)は、債務者が借入している貸金に対して適用する金利制度を変更した結果、適用される金利のこと、しています。

要するに、低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買えば、その金利差を受け取ることができ、利益を稼ぐことが出来ます。

今の日本の金利って高いですか、安いですか?高いという人はいないと思います、めちゃくちゃ低くて、そりゃもう今の日本では預金をしてもすずめの涙ほどの金利しかつきませんよね。預金の利息が少ししかつかないことは悲しいかぎり…泣、涙…

どうにかならないものでしょうか?

大丈夫です、良い方法があるのです、ちゃんと稼ぐことができるのです!

しかし、日本の金利では無理なので、もちろん外国通貨につく金利で儲けることができるのです。

では次でお教えしましょう!